紅茶・コーヒーと電気ケトルの贈り物

日本製の電気ケトル

目次

 

日本では、これまでは電気ポットを使っていた家庭が多いかもしれませんが、外国では、コーヒーを入れる時に、お湯を沸かしています。
また、ホテルなどでよく見かける電気ケトルもありますが、これは外国の習慣をホテルが取り入れたものです。

 

最近は、必要なお湯をすぐに沸かす電気ケトルが人気を集めています。

 

外国製のものは沸かすだけの機能ですが、外側が熱くなることや倒れた時にお湯がこぼれてしまいます。
管理人が使用している電気ケトルもその内のひとつですが、そうした点からの安全性については、あまり考慮されていません。

 

母が使う日本製の電気ケトルでは、倒れてもお湯がこぼれ内容に改善したものとなっています。
また、外側も熱くならない構造に下ています。

 

但し、湯気が出るところは熱くなりますから、手をやけどすることも考えられます。
安全設計をされているとしても、注意しておくことが大事です。

 

外国製と日本製を比較すると、一般的には日本製の方が細かい気配りがあります。

 

しかし、電気ケトルのメーカーとしては象印、タイガーとティファールの3社が競っています。
ティファールは、フランスのキッチン用品メーカーで、日本でも十分通用する安全設計となっていることが評価されているようです。また、デザインは洗練されており、若い女性に人気があるようです。

 

メーカーがどこであっても、自分の好みで購入すれば結構です。
あなたが、基本的な機能を満足していれば、使用する時に特に問題はありません。

 

日本製の電気ケトルも、ティファールを意識しているのでしょうか。
かわいい女性好みのデザインが多いように思いします。店頭でいろいろと見るのも面白いですね。


初めての方へ 紅茶の淹れ方、選び方 コーヒーの淹れ方、選び方 日本茶の淹れ方、選び方 お問い合わせ先