電気ケトルのプレゼントと紅茶・コーヒーの贈り物|新生活スタートに

コーヒーの淹れ方

ここではドリップコーヒーの基本的な淹れ方をご紹介します。

コーヒーを淹れる準備

お湯を沸かす

飲みごろの温度に抽出する為、

  • ドリッパー、サーバーなどの抽出器具、
  • カップ&ソーサーやスプーン などは

予め温めておきます。
お湯は汲みたての水道水などを沸かしておきます。
お湯が沸騰したら火をとめ、表面のボコボコが鎮まったときが抽出に理想的な温度(95℃前後)です。

フィルターをセットする

フィルターは底と側面のシール部分を、前後に互い違いに折り、ドリッパーに軽くおさえつけるようにしてぴったりとセットします。

美味しいコーヒーの淹れ方

コーヒーを蒸らします。

中心から静かにお湯をのせて20秒 湯量20cc

 

おいしいコーヒーをいれるために必ずやってほしいのが、「蒸らし」です。
初めにコーヒーに少量のお湯を、そっと乗せるように注ぎ、粉全体に均一にお湯を含ませてから、20秒ほどそのままにして蒸らします。
注ぐお湯の量は20cc程度。サーバーにポタポタとお湯が数滴落ちてくるのをめやすにしてください。

「蒸らし」の時に、コーヒーが膨らむのは、コーヒーに含まれるガスが放出されるためです。
このガスを出すことで、コーヒーとお湯がなじみやすくなり、お湯の通り道ができます。
つまり「蒸らし」は、コーヒーのおいしい成分を十分に引き出す為の大切な工程です。

お湯を注いで抽出していきます。

1杯分を抽出するときに注ぐ湯量のめやすをご紹介しています。
サーバーについている「1杯分」の目盛りを見ながら注いでみても良いでしょう。

フィルターの壁面からぐるっとお湯をかけて抽出したりしていませんか?
この注ぎ方では、コーヒー全体からまんべんなくおいしさを引き出すことができません。
お湯は、中心で小さく「の」の字を書くように注ぎます。
そして、慣れてきたら注ぐお湯の量と、サーバーに抽出されるコーヒーの量がつりあうように意識して注ぎます。

コーヒーの選び方

コーヒーを選ぶ際には、豆のロースト具合と挽き方をそれぞれに選びます。

ローストの選び方

ローストとは豆の酸味、苦味、香りを引き出すための重要な行程です。
それぞれのコーヒー豆に、カルディーの焙煎士おすすめの標準ローストが決まっています。

焙煎グレード

大抵の専門店ではお好みでローストの深さを指定することができます。
次の5つのローストをお選びいただけます。

シナモンロースト (Cinnamon roast)

名前のとおりシナモンのような色合い。酸味の強い味わい。別名アメリカンロースト。

ミディアムロースト (Medium roast)

酸味はややまろやかな酸味となり、コーヒーらしい苦味も含まれる。

ハイロースト (High roast)

酸味、苦味、甘味のバランスがよくとれた、日本でもポピュラーなロースト。

シティロースト (City roast)

酸味は影を潜め、苦味系の味が強くなる。ハイローストと共に日本人に好まれるロースト。

イタリアンロースト (Italian roast)

アイスコーヒーやエスプレッソに使われるロースト。かなり苦味が強くなる。

コーヒー豆の挽き方

コーヒーにはさまざまな抽出方法があります。

  • コーヒーメーカー
  • ペーパードリップ
  • ネルドリップ
  • コーヒープレス
  • サイフォン
  • エスプレッソ

など、それぞれの抽出方法に合った挽き方があります。
一般的に、珈琲豆は細かく挽くと苦味や渋みなどの雑味が出やすくなります。
また、抽出時間を長くかけてしまうのも同様です。
粗挽きで多目の粉を用いて抽出すると雑味が出ず、まろやかな味になります。

豆のまま

焙煎後、珈琲豆は時間を経るごとに風味が落ちていきます。
粉よりも豆のままで保存した方が長持ちしますのでミルをお持ちの方は豆のままのご購入がお勧めです。
おいしいコーヒーを飲むためには、抽出する直前に挽くのが一番です。

細挽

サイフォン・エスプレッソにおすすめの挽き方です。

中挽

ペーパードリップ・コーヒーメーカーにおすすめの挽き方です。

粗挽

コーヒーメーカー・コーヒープレス・ネルドリップ・パーコレータにおすすめの挽き方です。

コーヒーの味覚評価について

味覚評価の表では6項目について10段階評価をしています。

香り

口に含んだときに拡がる香りの強さ

芳香

カップから立ち上る香りの強さ

酸味

柑橘系のようなさわやかな酸味

甘味

コーヒーの持つ甘味の強さ

苦味

苦味の強さを表します。一般的には焙煎が深いほど苦味が増します。
苦味系のコーヒーは日本では好まれます。

後口

飲んだ後に残る後口の強さ。


初めての方へ 紅茶の淹れ方、選び方 コーヒーの淹れ方、選び方 日本茶の淹れ方、選び方 お問い合わせ先